岡山県虫明にてドローン撮影 ②撮影シーンの紹介

【静止画と船上空撮】

今回の動画はドローンだけでなく、高性能スマホも活用し数多くの映像を撮りました。静止画だけで約500枚、ドローン映像は30カットに及びました。静止画で出てくる数々の牡蠣料理は、当日すべて作ってくださったんです!そして器から盛り付け、撮影場所までこだわって頂きました。お仕事をされながらでしたので、とても大変だったのではないでしょうか。スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

そして何より一番大変だったのは、船上でのドローン撮影でした。先ず、海の上で特に気にしなければならないのが”天候”です。海上は風が強く、天候の移り変わりが激しいので、飛行可能なタイミングを掴むのがとても難しいです。そのため、船で沖まで出たもののドローンを飛ばせなかった日もありました。

船上撮影で特にこだわったのは、船を追いかける3パターンの空撮方法です。

①一定の距離をあけて真後ろに付いていく撮影方法、
②真横に並んで平行に撮影する方法、
③旋回しながら船を追いかけていく撮影方法です。

虫明の海に浮かぶ筏(いかだ)をくぐり抜けていく船の様子は、王子が岳とはまた違う幻想的なドローン動画映像になったのではないでしょうか。

次回は《編集》についてご紹介いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です