岡山県渋川にてドローン動画撮影 ②撮影について紹介

【動作が予測不能のワンちゃん】

今回は、ペットとご主人様のメモリアルムービーとして制作したのですが、やっぱり動物って動作が予測不能なので、心配要素が盛りだくさんでした💦ただ、幸いにもとてもお利口なマロンちゃん(ワンちゃんのお名前)だったので、比較的スムーズに撮影が出来たようにも思います。

ご主人様のご希望もあり、“二人が仲良くしている雰囲気のカット”、”ペットだけ楽しそうにしているカット”の2つのポイントを重視し、撮影することになりました。さすが長年愛し合っている二人だけあって、一緒に座っているカット、一緒に歩いているカットは、こちらの細かい指示にも応えて頂き、イメージ通りの映像を撮ることが出来ました。

そして、ついに不安いっぱいのペットだけのお時間が参りました。

ご主人様:「マロンちゃーん、走って〜」

マロンちゃん:歩く・・・

ご主人様:「マロンちゃーん、ゆっくりね、ゆっくり来るんだよ〜」

マロンちゃん:猛ダッシュ!

ご主人様:「マロンちゃーん、そこ(波打ち際)をまっすぐこっちまでおいで〜」

マロンちゃん:波から逃げるように反対側へ・・・・・・

予測不能な動きに私もドローンも振り回され、いつの間にかバッテリーは2個目に突入しました。そうです、私はドローン操縦の未熟さを痛感させられ、マロンちゃんに更なる鍛錬が必要だと教えられたのです。

それでも、何回もやると犬も分かってくるのか、それらしく動いてくれるんですね。お利口なワンちゃんで本当に助かりました。

次回は、二人の思い出をどのように紡いだか《編集》についてご紹介いたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です